旅飯

北アメリカの飯

  >>アメリカ合衆国の飯



U.S.A.

■ California Roll

発祥の地ロサンゼルスで食べたカリフォルニアロール。日本のお寿司とは全く異なるが、生魚とアボガトのコンビネーションが抜群。日本酒じゃなくビールが欲しくなる一品。カリフォルニアロールだけじゃなく、アラスカロール(サーモン)やレインボーロール(色とりどり)なんてのもあった。ただ、体調不良であまり食が進まなかったのが残念。

■ Sirloin Steak

テキサスの牧草地帯を駆け抜けた後は、やっぱりアメリカンステーキの出番。アメリカ牛だし、硬くて臭いもきついだろうと思いきや、さすがはサーロイン。日本人の舌も納得の味。このステーキをオーダーしたアマリロの『ビッグテキサン』は72オンス(2 kg)ステーキの早食いで有名。1時間で食べきると無料になるらしい。でもその量さすがに無理だろ!


■ Hot Bog

アメリカで一番最初に食べたアメリカンフードであり、一番最後に食べたアメリカンフードでもある。行きのポートランドの空港で匂いにつられて3.99ドル。パンはともかく、ソーセージの塩味とぷりぷり感が絶妙で、帰りのトランジットでも買い求めた。

■ Taco Bell

タコスのファーストフード店。アメリカではどの町でも看板を見かけるBigなお店。野菜もたっぷりだし、量も多すぎないし、マックより日本人向けなんじゃないかと思う。ソフトタコとペプシを単品で買って4.04ドルなり。




>>Data

inserted by FC2 system