旅飯

北アジアの飯

  >>モンゴルの飯



Mongolia

■ チャンスン・マハ

塩ゆでした肉料理。付け合わせのジャガイモやニンジンなどと一緒に食べる。モンゴルでは新鮮な羊肉をチャンスン・マハにして食べる。かたい羊肉を骨だけ残してつるっと食べるのは慣れないと難しい。

■ ボーズ

蒸した肉餃子。モンゴルの正月料理らしい。写真はウランバートルのノミンデパート前にある「ハーン・ボーズ」で食べたボーズ。羊臭がきつくて油っぽくてとても全部は食べきれなかった。


■ ホーショール

ボーズを油で揚げたもの。形はボーズより平べったい。中身はやっぱり羊。香りも羊。でもボーズよりは食べやすかった。

■ ゴリヤシ

煮込みの肉料理。ハンガリーの煮込み料理「グヤーシュ」にルーツがあるらしい。ご飯やサラダが付いてくる。写真はマンダルゴビで食べた牛肉のゴリヤシ。


■ シャルサン・マハ

肉の鉄板焼き。タマネギやピーマン、ニンジンも一緒に焼く。写真は牛肉のシャルサン・マハ。モンゴルでは毎日毎食羊なので、そのうち羊を見るのも辛くなる。そんなときに胃袋を救ってくれた一品。お値段ちょっと高めだったが、涙が出るほど美味しかった。

■ 羊とマカロニのスープ

ゴビ砂漠を放浪中に泊めてもらったゲルで実際に羊をさばいて作ってくれたスープ。使った調味料はお塩だけなのに、骨ごと入れた羊からいいダシが出ていた。ダシをとった骨付き肉は食べやすい大きさに切ってチャンスン・マハにする。


■ ゴリルタイ・シュル

肉うどん。具はやっぱり羊肉だった。こちらも味付けはさっぱり塩味。だが羊のダシが出ているようでスープがけっこう油っぽい。

■ ノゴートイ・シュル

さっぱりした野菜のスープ。こいつが極寒のテレルジで体を温めてくれた。隣の民家のお母さんの手作り。具はジャガイモ、タマネギ、ニンジン、羊肉。


■ マントウ

蒸しパン。日本でいうところの饅頭、というよりは中華まんに似ている。具材は入っていない。肉料理の付け合わせとして食べる。おもに主食。

■ ボダータイ・ツァイ

モンゴルの乳茶スーテー・ツァイにご飯を入れるとミルク粥になる。ただしツーテー・ツァイのように塩味ではない。砂糖たっぷりの激甘口粥。


■ アーロール

乳製品。乾燥させたチーズのようなもの。酸味があって堅い。ゴビ砂漠のゲルにお邪魔すると必ずお茶菓子として出される。茶色のアーロールの方が食べやすい。

■ ヨーグルト

酸味があって美味しい。写真のようにシリアルを入れて食べたり、ウランバートルのカフェではキウイをのせて食べたりもした(ちょっと値段が高かった!)。


■ スーテー・ツァイ

乳茶。レストランで「ミルクティーをくれ」と言ったらこれが出てきた。なぜかしょっぱい。牛乳に塩を入れた飲み物らしい。バターが入ったりもする。ゲルで出されるお茶は大抵これだ。

■ アイラグ

馬乳酒。アルコール度数は低く1~3%らしい。強いくせと酸味があり、ぶっちゃけスーテー・ツァイより飲みにくかった。でもゲルではどんぶりのような茶碗になみなみ注いで手渡される。


■ モンゴルビール

モンゴルでは大量にビールを飲んだ。カラメル風味の「アルタンゴビ・ビール」、濃い黒ビールの「ハラホリン・ビール」など。写真は辛口の「チンギス・ビール」。ビールはおいしい。モンゴルではスーテー・ツァイより馬乳酒より、何よりビールだ。

■ チンギスウォッカ

ロシアのお隣モンゴルでもウォッカは有名。チンギスウォッカはモンゴル製のウォッカ。アルコール度数は39度と強い。他にミルクを蒸留した自家製のシミーン・アルヒも飲んだ。こちらはアルコール度数10度以下。だが香りが馬乳酒のようにきつい。



>>Data

inserted by FC2 system