旅飯

南アメリカの飯

  >>ペルーの飯



Peru

■ Cebiche

ペルー海沿いの郷土料理セビッチェ。食べやすいサイズに切った魚介類とタマネギとトマト。これにレモン汁をたっぷりかけて食べる。トウガラシが大量投入されており辛すぎだった。

■ Anticucho

アンティクーチョは牛の心臓の串焼き。味付けが濃いので肉の臭みは感じない。ただ、噛み切れないくらい硬かった。ペルーだけではなくボリビア等、アンデス地方一帯の名物料理。

■ Cuy

生きてる分には愛らしいテンジクネズミ「クイ」も丸焼きにするとこの姿。ペルー高山地域の貴重なタンパク源で「ハレの日」に食べる料理らしいのだが、この強烈な臭い、到底食べ物とは思えない。食感もなんかゴムのよう。そして夢にまで出てきそうなこの顔!海外で食べた不味いものランキング文句なしのNo.1だった。

■ Pizza

プーノはピザがおいしいと聞いたのでオーダーした一品。うす焼きでしかもチーズたっぷり、しかもわざわざ石窯で焼いてくれた特製のピザなのに、この日は全然食欲なし。ほとんどテイクアウトしてしまった。冷めたピザほど不味いものはない。もちろん焼きたてに食べた一切れは絶品だった。

■ Bihao?

アマゾンジャングルの郷土料理「ビハォ」。米と豆類、鶏肉、ニンジン、パプリカ、レーズンなどを大きな葉っぱで包んで蒸しあげた料理。量がかなりすごくて完食は明らかに無理。奮闘したが3分の2程度でギブアップした。名前がうろ覚え。正式名称が分かる方、ご一報ください。

■ Pisco Sour

ペルーのお酒ピスコ (Pisco) にレモンと砂糖と卵白を加えてかきまぜたら出来上がり。ピスコ はブドウの蒸留酒。アルコール度数は42度もある。レモンのさっぱりした風味と卵白の柔らかい口当たりに、ついつい飲みすぎて、気がつくと・・・。ペルーの危険なお酒No.1。

■ Mate de Coca

ペルーでお茶と言えばやっぱりコカ茶。大量のコカの葉を浮かべて飲む。ただこのコカの葉は、麻薬コカインの原料。よって日本持ち込みは禁止されている。コカ茶をお土産にすると、麻薬犬に吠えられる恐れあり。でも旅の連れは普通に買ってきてたからびっくり。ちなみにコカは高山病予防に効果的らしい。でもほとんど気休め程度の効力(だと思う)。

■ Inca Kola

「C」じゃなくて「K」。コーラだけど「Kola」。ペルー人曰く、インカコーラがNo.1らしい。でも素人に言わせれば、これただのCCレモンじゃん?しかしペルーでは飛行機でもインカコーラだし、レストランでも必ず置いてあるし、気付くといつの間にかインカコーラ漬け。そして最後にはみんなインカコーラTシャツをお土産にしてしまうというオチ。恐るべしインカコーラマジック。




>>Data

inserted by FC2 system