宿帳

ヨーロッパの宿

  >>ギリシャの宿

  >>ドイツの宿

  >>ハンガリーの宿

  >>ルーマニアの宿

  >>チェコの宿

  >>オーストリアの宿

  >>イタリアの宿

  >>スイスの宿



Greece

地名:アテネ
宿名:Esperia Palace
    (エスペリア・パレス)

住所:22 Stadiou St.10564 Athens
TEL:210-3238-001, FAX:210-3238-100
HP:http://www.esperiahotel.com.gr/
Mail:fb@esperiahotel.gr




滞在 2003/03/14-3/20
トリプル 120 € (15600円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
シンタグマ広場まで徒歩5分というロケーション。オモニア広場にも近い。ホテルのすぐ裏にはアカデミーや国立図書館がそびえる。

ここのレストランは地元の人にも有名。確かに美味い。が、値段は高い。ウエイターのお兄さんたちは礼儀正しくもフレンドリー。朝食はバイキング形式、で蜂蜜をかけて食べるヨーグルトが最高に美味しい。

ツイン部屋にベッドを3つ並べたので多少狭かったが、バスタブ有り、コンセント有り、冷蔵庫有りという贅沢な宿だった。ロビーに飾ってあるアテナの絵が印象的。値段はHP調べ。


Germany

地名:ミュンヘン
宿名:Germania
    (ゲルマニア)

住所:Schwanthaler Str. 28,
    Munich, Germany
TEL:49-89-590460, FAX:49-89-591171
HP:http://www.hotel-germania-muenchen.de/
Mail:GermaniaMuenchen@AOL.com





滞在 2003/09/02
ツイン 112 € (14560円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
駅に近いのが利点。真夜中に着いて、翌朝早々にミュンヘンを発ったので実質滞在時間は7時間くらい。部屋の鍵が閉まらなくてフロントのお姉さんを呼んだのだが、夜中だったせいか、なかなか対応してくれなかった。眠い目をこすりながら入り口の前で右往左往。その後倒れるような勢いで爆睡してしまったため特に思い出もなく、印象の薄い宿。

地名:ミュンヘン
宿名:zur Post
    (ツアポスト)

住所:Bodenseestraße 4a D-81241
     Munich, Germany
TEL:49-89-896950, FAX:49-89-837319
HP:http://www.hotelzurpost-muenchen.de/
Mail:info@hotelzurpost-muenchen.de






滞在 2003/09/06-09/08
ダブル 125 € (16250円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー付)
ローテンブルク、フッセンを回って再びミュンヘンに戻ってきた際に宿泊した宿。場所はミュンヘン郊外。宿のすぐ前にトラムが停まるため、街の中心部までのアクセスは良かった。鉄道駅にも近い。

温水シャワー付きだが、バスタブがないので少し寒かった。アットホームな感じのホテルで、フロントのお姉さんが親切。夕飯は近くのピザ屋でテイクアウトしてきて部屋で食べたりした。マックもあるらしいが、結局見つけられずじまいだった。

地名:ローテンブルク
宿名:Altes Brauhaus
    (アルテス ブロイハウス)

住所:Wenggasse 24D91541 Rothenburg o.d.T.
TEL:49-9861-9780, FAX:49-9861-2039
HP:http://www.altesbrauhaus.com/index_en.html
Mail:info@altesbrauhaus.com




滞在 2003/09/03-09/04
ツイン 150 € (19500円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
城壁内のホテル。案内されたのが屋根裏部屋みたいな小部屋で、一目で気に入ってしまった。枕の上にウェルカムサービスのグミベアーが置かれていて感動。ドイツらしいもてなしだと思う。

部屋の鍵をちゃんと閉めるのにコツがいるため、慣れるまでは大変だった。朝ご飯はバイキング形式。朝から酸味の強い真ピンク色のハイビスカスティで目を覚まして街に遊びに行く。ホテルからマルクト広場へは徒歩で3分程度だが、途中のお店に目を奪われてなかなかたどり着けない。

地名:フッセン
宿名:Luitpoldpark
    (ルイトポルトパーク)

住所:Luitpold Str. 187626 Fussen
TEL:49-8362-9040, FAX:49-8362-904678
HP:http://www.luitpoldpark-hotel.de/
Mail:fuessen@treff-hotels.de




滞在 2003/09/05
ツイン 180 € (23400円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
フッセン駅前の超豪華ホテル。駅にタクシーが何台も停まっているので、ノイシュバンシュタイン城への足は心配なかった。テラスからフッセンの街と美しい山々が一望できるあたり、さすがは豪華ホテル。

ただレストランにグランドピアノがあったり、バスタブの装飾が無駄に豪華だったりするため、貧乏性の自分はただひたすら肩身が狭かった。

地名:ブレーメン
宿名:InterCity Hotel Bremen
    (インターシティホテル)

住所:Bahnhofsplatz 17-18, Bremen
TEL:+49 421 1603-0, FAX:+49 421 1603-599
HP:http://www.intercityhotel.com/en/Bremen/
Mail:conference@bremen.intercityhotel.de





滞在 2010/07/17-07/25
シングル 9114円/泊
(トイレ・ホットシャワー)
ブレーメン駅のすぐ隣。動きやすい最高のロケーション。しかもチェックイン時に一日市内交通が無料になるチケットをもらえた。

ただWiFi使用可能の部屋をわざわざ選んで予約したにもかかわらず、チェックインしてみたらWiFi使用不可。しかもLANケーブルは全部貸し出し中と言われ吃驚。仕事にならないじゃないかー!!と半ギレした宿。


Hungary

地名:ブダペスト
宿名:Helena House
    (ヘレナハウス)

住所:Budapest Nyar ut 7 3F
TEL:06-30-312-61-67


滞在 2006/08/06-08/08
ドミ 1500 Ft (900円)
床で寝ると700 Ft (420円)
(昼食付/トイレ・ホットシャワー共同)
ケレティ(東駅)に着いたはいいが窓口の仕事の遅さに音をあげて、切符を買うのを諦め最初に飛びこんだ宿。ベッドが空いていなかったのだが、床で寝るなら半額と聞いて即OK。

ヘレナは機嫌の良いときと悪いときで、まるで別人のように変化するママだが、彼女お手製のお昼ご飯は美味しかった。どうして朝ご飯じゃなく昼ご飯を出すのだろうと不思議だったのだが、ヘレナは朝早くから出かけてしまう(多分客引きにでも行っているんだろうが謎)ため、昼になってしまうようだ。

非公認の宿なので看板等はなく見つけづらいが、一部の旅好きの間ではかなり有名なのでネット上を探せば情報はいくらでも見つかるだろう。夜10時以降に騒いでいると追い出される恐れあり。非公認宿だから仕方ない。


Romania

地名:マラムレシュ/オンチェシュティ
宿名:Sub Cetate La Matei
オンチェシュティのマティ(で通じるらしい)

住所:Oncesti, nr. 480, Maramures
TEL:0262-348 498
HP:http://www.oncesti.rdsor.ro/




滞在 2006/08/11-08/13
ツイン 50 RON (2000円)
(3食・トイレ・ホットシャワー付)
オンチェシュティはウクライナ国境近くの小さな村で、交通の便は良くない。今回はどうしてもオンチェシュティに用事があったので、宿のご主人マテイにシゲットマルマッツェイの駅まで迎えに来てもらった。

村に食堂らしきものがないため、ご飯は全部ママのお手製。宿泊客みんなでルーマニア風バーベキューを楽しんだりもした。ご飯時になるとどこからともなく民族ダンスの音楽が流れだして、食事もそこそこにみんなで踊りだす。自家製ツィカを飲んでいい具合に酔っ払うと、陽気になってついつい一緒にはしゃいでしまう。ノリがいいと認められると、マラムレシュの民族衣装を貸してくれるのでそれを着て踊り狂うのもありかと思う。


Czech Republic

地名:プラハ
宿名:Apple Hostel
    (アップルホステル)

住所:Namesti Republiky 7, entance
    by Kralodvorska 16
TEL:(+420) 777-277-534
HP:http://www.applehostel.cz/
Mail:applehostel@applehostel.cz






滞在 2006/08/15-08/17
ドミ 380 Kč (1900円)
(朝食付/トイレ・ホットシャワー共同)
旧市街広場に比較的近いロケーション。ドミトリーは12人部屋で男女混合。インターネット可。日本で調べたときはランドリーがあると書いてあったが、実際はない。結果、大量の洗濯物を抱えプラハの街を歩き回る羽目になった。シャワー室の電気がつかないため、夜は怖かった。朝食はパンとチーズとハムが食べ放題。

地名:プラハ
宿名:Royal Court Boutique Hotel and Spa
   (ロイヤル コート ブティック ホテル)

住所:Wenzigova 6 Prague, 12000
TEL::+420 224 263 154, FAX:+420 224 263 155
HP:http://www.royalcourt.cz/
Mail:front.desk@royalcourt.cz






滞在 2010/09/26-10/01
シングル 4923円/泊
(トイレ・ホットシャワー・朝食付)
少し交通の便は悪いが、朝食付きでこの値段は良かった。しかもスパが併設されているらしい。さすがに行っている暇はなかったが、夜マッサージだけ頼んでみた。タイ式マッサージ、疲れた体にしみわたった。

机がもう少し大きいほうが仕事しやすかったかなというところ。バスローブやスリッパがあると聞いていたが、実際は用意されておらず、パジャマを持っていかなかった私は普段着で寝る羽目になった。

シャワーやトイレは十分清潔だが、シャンプーとボディーソープを補充してもらえない日があって、一晩シャワー浴び損ねた。多分、手持ちのトリートメントをシャンプーと誤解されたもよう。


Austria

地名:ウィーン
宿名:Kimuchi House
    (キムチハウス)

住所:Pelzgasse 12/2-4 1150
TEL:(+43-1) 597-4725
HP:http://stefan.com.ne.kr/index.html
Mail:jnkimoh@hanmail.net





滞在 2006/08/18-08/19
ドミ 20 € (3000円)
(朝食付/トイレ・ホットシャワー共同)
ウィーン西駅のすぐ近くでたいへん便利。ブダペストのヘレナハウスにもチラシが張ってあって日本人宿なのかと思いきや、私が行ったときには韓国人しかいなかった。どうして韓国の旅行者たちは長旅をしていてもあんなに美人なのかと悩んで夜眠れなくなった。そして、どうして朝の5時から部屋の電気をつけるんだろうと悩んでまた眠れなくなった。宿のママが優しい。


Italy

地名:コモ
宿名:Mini Hotel Baradello
    (ミニホテルバラデロ)

住所:Piazza Camerlata,9/a-Como
TEL:031-521-6951, FAX:031-590-400
HP:http://www.hotelbaradello.com/
Mail:info@hotelbaradello.com





滞在 2007/10/07-10/12
シングル 45 € (7650円)
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
コモ湖から車で15分ほど離れた街中にあるホテル。毎日、学会会場までタクシーで移動していた。タクシーはフロントに頼むとすぐに呼んでくれる。ホテルは大通り沿いで、近くにレストランも3件ほどあり便利。朝ごはんはクロワッサンとヨーグルトとお茶が出た。お風呂場にシャンプー、ボディソープ、ドライヤー有り。

ちなみに、ヨースタイン・ゴルデル著の『カードミステリー』に同名のホテルが登場する。作中に登場する遊園地を探したが、残念ながら見つからなかった。

地名:ナポリ
宿名:BEST WESTERN PLAZA
    (ベストウエスタンプラザ)

住所:Piazza Principe Umberto I, 23, Naples, 80142
TEL:39-081-5636168, FAX:39-081-5636177
HP:http://www.bestwestern.com/



滞在 2011/06/25-06/27
トリプル 11600円
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
ナポリ中央駅からほど近い、あまり治安のよくなさそうなところにあるホテル。ディナーを出してくれる食堂がないため、特に日曜は開いているレストランを探してさまよう羽目になる。朝食は5階のレストランが開いているため問題なし。

アップルワールドで宿検索した時、「コインランドリー付き」と紹介されていて大喜びしたのだが、実際はそんなものなし。フロントの人曰く、駅近くにコインランドリーがあるようだ、が休日は閉まっているらしい。


Switzerland

地名:チューリッヒ
宿名:Bristol Hotel
   (ブリストル ホテル)

住所:Stampfenbachstrasse 34, Zurich, 8006
TEL:+41-44-2584444, FAX:+41-44-2584400
HP:http://www.hotelbristol.ch



滞在 2011/06/16
トリプル 26400円
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
駅に近いという理由だけで選んだ宿。夜チューリッヒに着いてそのまま一泊するだけだったし、特に不便もなかった。でかい扇風機があったのでエアコンがなくてもまったく問題なし。有線インターネット無料。エントランスにコーヒーサービスあり。

朝食のレストランはかなり広かった。怪しいグリーンティーを飲んだらすごくスパイシーで度肝抜かれた。

地名:グリンデルワルト
宿名:Central Hotel Wolter
  (セントラルホテルヴォルター)

住所:Glacier Village, Grindelwald, 3818
TEL:+41-33-8543333, FAX:+41-33-8543339
HP:http://www.central-wolter.ch



滞在 2011/06/17-06/19
トリプル 20600円
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
グリンデルワルト駅徒歩2~3分。駅前バス乗り場のすぐ目の前の宿。お部屋はトリプルでもかなり広い。バスルームも広々。スイスの3つ星宿ではめずらしくお部屋にミニバーが付いていた。バスルームのFANがすぐに止まるのが難点。Wi-Fiはつながりにくかった。

1階のレストランは少し高いが人気。ミートフォンデュに挑戦して、ほとんど食べきれなかった記憶が印象的。このホテルだけではないが、グリンデルワルトの村はハエが多くて、同行した母はずっと気にしていた。

地名:ツェルマット
宿名:Best Western Hotel Butterfly
 (ベストウエスタン ホテル バタフライ)

住所:Bodmenstrasse 21, Zermatt, 3920
TEL:+41-27-9664166, FAX:+41-27-9664165
HP:http://www.bestwestern.com



滞在 2011/06/20-22
トリプル 28130円
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
駅から近いロッジスタイルのホテル。スイスらしいたたずまいの建物。アップルワールドで宿検索した際、「コインランドリー付き」と書かれていたが、実際はコインランドリーはなく、洗濯サービスのみ。ちなみにフロントのおばさま曰く、「ツェルマットにコインランドリーはない」そうだ。

無線Wi-Fiがなかなかつながらず、仕方なく持っていたLANケーブルでPCをつないだ。部屋の位置によるらしい。お部屋にミニバーがなかったのでちょっと残念だったが、その分クローゼットが鏡張りで大変広かった。夕食は大通りにたくさんレストランがあり、食いっぱぐれる心配はない。

地名:サン・モリッツ
宿名:Hauser Hotel
    (ハウザー ホテル)

住所:Via Traunter Plazzas 7, St. Moritz, 7500
TEL:+41-81-8375050, FAX:+41-81-8375055
HP:http://www.hotelhauser.ch



滞在 2011/06/23-06/24
トリプル 29600円
(朝食・トイレ・ホットシャワー
・バスタブ付)
サンモリッツ駅よりタクシーで約5分の宿。お部屋全体が松の木(?)の壁で囲まれており、香りもすがすがしい。お風呂のほかにシャワー室もあり、トイレも含め全面ガラス張り。リッチすぎて肩身が狭かった。

1階にレストランとチョコレートショップがあり、チェックイン時にチョコをいただけた。もちろんお土産にたくさんチョコを購入。商売がうまい。使い放題の市内交通チケットをもらえるので、バスやゴンドラに乗るのが簡単だった。

夜な夜な母がガラスのコップを割って、スタッフさんに来てもらったのだが、嫌な顔一つせず綺麗に片づけてくれたことに感謝。


>>Data

inserted by FC2 system