宿帳

北アジアの宿

  >>モンゴルの宿



Mongolia

地名:ウランバートル
宿名:Khongor Guest House
    (ホンゴルゲストハウス)

住所:P.O.Box 777, Post Office 38, Ulaanbaatar,
    211238, Mongolia
TEL:976-11-316415
HP:http://get.to/khongor
Mail:khongor@mongol.net






滞在 2009/09/15-09/16
ドミ 5 USD (480円)
(朝食付/トイレ・ホットシャワー別)
ウランバートル市内の大通り沿いにあるゲストハウス。入り口が裏手なので少し分かりにくい。ドミトリーが一つとあとはツインとシングルの部屋があった。シャワー、トイレともに2つずつあり、気兼ねなく使える。シャワーはお湯がたっぷり使えて快適だった。

用意されている朝食はパンと紅茶、コーヒーのみ。バターとジャム使い放題。ちなみにパソコンが2つあってインターネットができる。また近くにスーパーやデパート有り。市内には旅行会社もあるがこのゲストハウスでいくつかツアーを用意していて人数がそろえば出発できる。南ゴビやテレルジのツアーなどがあった。詳細はHPにある。

地名:ウランバートル
宿名:Golden Gobi
    (ゴールデン・ゴビ)

住所:Chingeltei district, 1st subdistrict, 1-40000,
     building 13, Ulaanbaatar, Mongolia
TEL/FAX:976-11-322632
HP:http://www.goldengobi.com/
Mail:golden_gobi@yahoo.com






滞在 2009/09/20・2009/09/22-09/23
ドミ 6 USD (570円)
(朝食付/トイレ・ホットシャワー別)
ゴビ砂漠から帰ってきて、上記のKhongorゲストハウスがいっぱいだったためノミンデパートのすぐ近くのこちらの宿を選んだ。シャワーは2つあったが、泊った時は地下のシャワー室しか使えなかった。最初水しか出なくてへこんだが、長期滞在者に聞いたところ「10分出しっぱなしにするとお湯になるよ」とのこと。確かにその通りだった。

宿の主人は口は多少悪いがいい人。テレルジツアーに軽装で行こうとする私に、「ニホンジン、ソンナ服デ行ッタラ死ンジャウヨ」と寝袋やら厚手のコートやらを貸してくれた。結局最後まで名前を覚えてもらえず、「ニホンジン!」と呼ばれていた。地下の談話室は暖かくて居心地がよく、出かけるのが億劫になるくらい。

地名:南ゴビ
宿名:おばあちゃんちのゲル

滞在 2009/09/18
(トイレ別)
南ゴビで泊る所がなく彷徨っているところをこのゲルのおばあちゃんに救ってもらった。ショードゥルさん約70歳。正確な歳は「数えてないから知らない」のだそうな。

翌朝はひどい砂嵐に見舞われたが、大きな石ひとつだけでしっかりゲルを支えていた。さすが遊牧民のゲルで頑丈だ。

スーテー・ツァイ(乳茶)やアーロール(乾燥チーズ)をご馳走してくれただけでなく、羊をさばいて食べさせてくれた。おばあちゃんがいなかったら南ゴビで行き倒れていたかもしれない。

地名:マンダルゴビ
宿名:Gobi Hotel
    (ゴビホテル)
滞在 2009/09/19
(トイレ付/シャワー別)
南ゴビからの帰り道に一泊した宿。宿泊代はロストしたが、ツインの部屋に小さなTVも付いていて、宿の主人曰く「ホットシャワーもある」とのこと。ただ、お湯なんかほとんど出なくて逆に寒かった。

スタッフの気遣いは細かく行き届いている。1階に小さな食堂があるが、頼むと部屋まで持ってきてくれる。ここのゴリヤシは絶品だった。ホテルの前に年老いたセントバーナードが常に座っていた。大きな番犬で最初そうとう怖かったが意外と大人しかった。

地名:テレルジ
宿名:ツーリストゲル
滞在 2009/09/21
ゲル4人部屋 (1泊2日ツアー料金)
    61 USD (5800円)
(3食付/トイレ別)
ゴールデンゴビゲストハウスで申し込んだテレルジツアーの宿。当初参加者は私だけだったが、最終的には3人に増え値段をまけてもらえた。

観光客用のツーリストゲルだけあって室内の装飾は美しかったが、その前に本物のゲルに滞在していたこともあって少し拍子抜けした。ゲル内に照明があることが一番驚きだった。

食事は隣の民家のママが手作りでご馳走してくれる。モンゴルの民族料理が食べられる。ほとんど羊。トイレは少し離れたところに掘っ建て小屋があった。ウランバートル市内からかなり離れるので、夜は真っ暗で天体観測にもってこい。でも9月のテレルジはかなり寒い。


>>Data

inserted by FC2 system